日本の口座に貯まっていくお金を海外で使うベストな方法


前回は、海外移住のための、銀行口座と保険の整理について書きました。

  1. ゆうちょ銀行(子どもたちの名義の口座)は、家族を代理人にして残す
  2. 今は使っていないけど一応休眠口座として持っていたゆうちょ口座を復活させて、家族を代理人にして残す
  3. すべての日本国内の受け取り・支払い(養育費/報酬/保険支払い/残すクレジットカードの支払い)をゆうちょ銀行に集約する

という方向で日本の銀行口座は整理ができましたが、この口座で行いたいのは、3点!

  • 養育費の受け取り
  • 日本のクライアントさんからの報酬受け取り
  • 保険の支払い(移住後の保険の整理ついても前回のブログでまとめました)
  • 移住先で使えるようにどうにかする

でございます。
養育費が止まったり(強制執行をしており前夫の勤務先が立て替えて支払ってくれているので、彼が会社を辞めると止まる…)、日本のクライアントさんとの仕事がなくなったりしない限り、口座のお金は貯まっていく想定です。

渡米後はフィアンセと一緒に暮らしますが(フィアンセビザは入国後90日以内に結婚をします)、丸っと彼にお世話になるなんて気はなく、渡米後はフィアンセの口座をジョイントアカウント(1つの口座を2人で管理する)にする方向で話をしています。(ジョイントアカウントについては渡米後に書きます!)
そのため、日本の口座に受け取る稼ぎの一部を、生活費として米国の口座に送金するというプロセスが度々必要になります。


 ▽▽ 目次 ▽▽
  1. 日本の銀行口座のお金を海外で使う5つの方法
  2. 海外移住後、日本の銀行口座のお金を海外で使うベストな方法(*今の見解で)

といった内容で今日はいきまーす!


日本の銀行口座のお金を海外で使う●つの方法

調べながら前に進めているので、今後も修正等あると思いながら書いておりますが、今日までの私が見つけた方法は以下。

  1. 日本の銀行口座から海外の口座へ海外送金する
  2. 日本の銀行口座紐づきのクレジットカードを海外で使う
  3. 日本の銀行口座紐づきのデビットカードを海外で使う
  4. 日本の銀行口座紐づきのデビットカード等で海外のATMで現地通貨をおろす
  5. オンライン海外送金ツールを使って送金する(!)

1つ1つ見ていきましょう。

  10万円の場合、で考えてみます。

日本の銀行口座から海外の口座へ海外送金する

シンプルな海外送金です。手数料は1回につき銀行によって1500円~6000円まで!高い!!!!!!
これに更に、受取口座の方でも更なる手数料がかかる場合もあるとのこと。

日本の銀行口座紐づきのクレジットカードを海外で使う

日本だとクレジットカードを使うのに手数料は発生しないし、これでいいんじゃ?と思いますよね!ところがどっこい、1回の利用につき手数料が引かれているのです…!購入額の1.6%~2.2%ほど。(詳しくはこちら
10万円で、2000円前後。海外送金よりは格段に安い!

日本の銀行口座紐づきのデビットカードを海外で使う

手数料が、かかるんです!日本国内での利用にはかかりませんが、海外で使う場合、【1回の決済当たり100円前後+利用額の1~5%】を支払うことになります。
10万円の時、100円&3%だったとして、3100円となります。海外送金よりはましですが、結構かかりますね。。

日本の銀行口座紐づきのデビットカード等で海外のATMで現地通貨をおろす

無論銀行によりますが、基本的にはデビットカードを海外で使うのと同じような手数料と、ATM利用料を支払うこととなります。
現地通貨をキャッシュでゲットできるのは良いですが、10万円の場合3000円以上のお金がかかります。

オンライン海外送金ツールを使って送金する(!)

こんなの知らなかったので驚きました。数年前に日本へ上陸したての海外送金「Transferwise」です。
私がこんなに苦労しているように、世界を飛び回る人向けの設計になっていないですよね、この世の中の銀行・通貨事情。
Transferwiseを日本と海外との間で利用する場合、日本ではまだ未実装の機能が多いため制限があり、現状だと、

  1. 送金先の情報(海外の口座情報)を入力する
  2. 本人確認書類をアップする(初回のみ)
  3. Transferwise(日本国内の銀行の口座番号)に送金額を口座振替する or デビットカードで支払う
  4. 数日内に着金する


というもの。お金を、メールを送るくらい簡単にできるようにしたい、という意図があるTransferwiseさん、手数料がめちゃめちゃ安いのです…!
今日のレートで、1007円!!!!圧倒的に安い!

海外移住後、日本の銀行口座のお金を海外で使うベストな方法(*今の見解)

お金っていうのは面白い存在ですね、昔はモノや体験を交換していたのに交換するものがなくなって、お金を交換していると思っています。それでいくと、本来の人間のやり取りのうんと後から生まれた概念だろうに、なんで国をまたぐだけでこんなに大変なのだ、、

さて、私のまとめですと、
  • 日本に残す口座は1つ(ゆうちょ)にする
  • ゆうちょのデビットカードでTransferwiseへ支払い、現地の口座へ送金する(日本で発行したデビットカードを日本のサイトではあるけれどオンラインで使用する場合は後日確認する)
  • 海外の口座から、キャッシュカードで現金を引き出す、または海外のクレジットカードやデビットカードで支払う
  • 海外で日本のカード類を使うとお金がかかるのでなるだけ控える

といったところでしょうか。
ところで、たとえば米国で発行したクレジットカードとデビットカードを米国国内で使うときは手数料かからないのかな?
後日調べます~~~

・・・・・・✈・・・・・・


さて、【ゆうちょ銀行のゆうちょダイレクトを海外から月に1度くらい使うのは可能か&ゆうちょ紐づきのデビットカードで日本の口座へ払うなら手数料はかからないのか】、を引き続き確認することにして、今日はここまで!
世の中が知らないことで溢れている。。

click here! 移住や海外フリーランサーの働き方など、お気軽にお尋ねください!


コメント

  1. こんにちは!ブログランキングから来ました。
    海外移住には興味があるので、とても、参考になりました。

    また、のぞきにきます。

    返信削除

コメントを投稿

何かあればお気軽にご連絡ください!

人気の投稿